EasyWriting

ヤマグチユキヒト

自由にラフに明るく楽しく、友達へのメモ感覚のブログです。

 記事一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ

[スポンサーリンク]

  <広告>

キングジムのテキストマシン「ポメラ」のキーボードヒンジが折れたので100円商品で修理しました。

[スポンサーリンク]

  <広告>

折りたたみタイプのポメラの弱点、キーボードのヒンジ部分が折れて修理した方法を書いています。

 

折りたたみタイプのポメラはキーボードのヒンジが弱点です。
でも、せっかく譲っていただいたばかりポメラ、これで退役としてはシャアモデルの名がすたります。

https://i.pinimg.com/originals/98/b2/2a/98b22a5d8f7b3fc83a47b4b9d7730d0f.jpg

 

ここが折れると、キーボードの展開時が安定しません。
幸いにして、折れたパーツを紛失せずに使えましたので、これをどう治すか。

ひとまず、金属製のピンを本体から抜き、外れたパーツに差し込みます。
ギザギザの方が外れたパーツ側、ツルツル側が本体の穴に入る状態が通常です。

https://i.pinimg.com/originals/a9/ec/4b/a9ec4b3235155cdac04a72e38b1f75be.jpg

 

折れた部分の接着には瞬間接着剤を塗布してみましたが、ポメラを分解せずにパーツ同士を密着させるのは隙間が狭すぎて圧着が困難でした。

今回の修理では2本のピンを抜くいて、分解してパーツ同士を合体させやすくする。

キーボードの裏を見ると、外してくれ~といっているようねネジが6本ありましたので外してみましたが、このネジを外してもキーボードパネルが取れるだけで今回の修理には関係ありませんでした。

https://i.pinimg.com/originals/0f/dc/6a/0fdc6a1e26fb9cdff96ab98c68b49f47.jpg

https://i.pinimg.com/originals/47/21/35/4721357886abe06bbdd2a706e68e7431.jpg

 

要は右のパンタグラフ部分を外さないとフリーにならないことがわかりました。
完全にこの工程は不要でした。

このピンを抜きます。

キーボード手間と奥側の2個のピンを抜きます。
マイナス精密ドライバーで本体とパンタグラフみたいな薄い金属プレートの間を、じわっと隙間を広げる感じです。

https://i.pinimg.com/originals/ec/e2/d5/ece2d5ca60f31196f692a80c4aa0e6ed.jpg

https://i.pinimg.com/originals/30/88/b6/3088b6085659522cf8bb431870b960d6.jpg

1mmほど隙間ができたら、ラジオペンチでピンの頭をくわえて、ゆっくり、じわっと、そっと、抜きます。

https://i.pinimg.com/originals/be/aa/b8/beaab8ca0c7d0e25be00c25820986355.jpg

https://i.pinimg.com/originals/15/e3/c9/15e3c904965137c83c2ffc539e8372d4.jpg

https://i.pinimg.com/originals/7f/b2/2b/7fb22b5bd5f8f37b4a3fa57d750b996f.jpg

ピン先のギザギザで本体に固定されているのがわかりました。
元に戻す際にネジ止め剤か接着剤かを使おうかと思ったのですが、再度分解することが困難になるのでやめておきました。

 

https://i.pinimg.com/originals/98/c4/e7/98c4e7699fee1697d9d63452bd653975.jpg

手前と奥の2本のピンを抜くと、パンタグラフパーツがキーボードから離れて自由になります。

 

https://i.pinimg.com/originals/5a/3f/31/5a3f31f3f1506a7846c19ebebba75f8d.jpg

折れた部品に瞬間接着剤を付けて、無理やり押さえつけました。
3分間、このまま固定しました。

この際に使った接着剤はこちらです。
100円均一キャンドゥの瞬間接着剤。 https://i.pinimg.com/originals/c9/38/67/c938671c989540710342721514881d7e.jpg

 

強度を増すためにLED・UVレジンを使いました。

今回の件とは関係なく、以前から気になっていたUVレジンを購入しました。
UVライトを照射すると固まるレジンの液体と、UVライトを100円ショップのキャンドゥで購入しました。

https://i.pinimg.com/originals/23/ce/af/23ceaf6e7bc6bc94d8f3461c62fa3bc7.jpg

UVライトがモバイルバッテリーにつなぐLEDタイプだったので、レジンもLED対応のものを選びました。

https://i.pinimg.com/originals/8d/56/0a/8d560a58daa5a85ce240518525b12ea8.jpg

 

レジン液を適量、接合部に乗せてUVライトを4分間照射しました。

https://i.pinimg.com/originals/8c/43/95/8c4395d9fb7c9480bffed5c76f7ee55b.jpg

 

固まったのでキーボードのパンタグラフのピンをもとに戻し、表も同様に処置しました。

https://i.pinimg.com/originals/57/ff/b7/57ffb72003fab398d986a697b9d1442b.jpg

https://i.pinimg.com/originals/ff/4a/03/ff4a0387dbb86ba04a9ef2e4e4886ac4.jpg

 

しっかりと完全に固まり、開閉時も接着部が外れることはなくなりましたが、レジン液塗布の量が多すぎてしまいました。

https://i.pinimg.com/originals/10/09/8a/10098aaf0588e2f303d2c4ebd50ac3ae.jpg

 

キーボードの枠に盛り上がりすぎていて、しっかり閉じる事ができなくなったので、カッターで削りました。

https://i.pinimg.com/originals/5d/e9/f9/5de9f9a5b5ccac987511b79bfe217be5.jpg

 

だいぶ平らになったので、これでしっかりとキーボードを閉じることが出来るようになりました。

 

https://i.pinimg.com/originals/1a/b1/50/1ab150bed61fd3d9a982866c2a5058f8.jpg

 

直した翌日に記事を書いています。
現状、見た目はアレな仕上がりですが、使用において不安要素は感じません。
普通に使えるようになったので一安心しています。

僕は横着してキーボード支え用のプレートを使っていませんでしたが、これも破損の要因になりそうです。
今後は引き出して使おうと思いました。

https://i.pinimg.com/originals/08/3d/98/083d98388b04ecba65dee375515bf66f.jpg

 

ポメラの僕なりの修理手順は以上です。

これでポメラの活用が続けられます。

https://i.pinimg.com/originals/b3/7d/ac/b37dac6b1a8130cf519a40d65b580fc5.jpg

むねGさん、大丈夫でしたよ!ご安心を(^^)

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

僕の関連リンク・プライバシーポリシー・問い合わせは下記のリンクからお願いいたします。

linktr.ee