EasyWriting

ヤマグチユキヒト

自由にラフに明るく楽しく、友達へのメモ感覚のブログです。

 記事一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ

[スポンサーリンク]

  <広告>

菅総理 発言全文 2021年7月30日午後7時 記者会見質疑応答前の発言全文を文字起こし。

[スポンサーリンク]

  <広告>

下記文章は2021年7月30日午後7時から放送された菅総理の発言を書き起こした文章です。

 

<広告>
  <広告>

 

先ほど、新型コロナ対策本部を開催をし、埼玉県、千葉県、神奈川県、大阪府に緊急事態宣言を発出するとともに、北海道、石川県、京都府兵庫県、福岡県に蔓延防止等重点措置を実施し、期間はそれぞれ8月2日から8月31日までとすること、東京都、沖縄県の緊急事態宣言を8月31日まで延長することを決定をいたしました。

全国の新規感染者数は増加を続けています。
昨日の全国の感染者は1万人を超え、本日の東京の感染者は3300人にのぼっております。

首都圏関西圏をはじめ、多くの地域で増加傾向が続き、これまでに経験をしたことのないスピードで感染が拡大をいたしております。

大きな要因として指摘されるのが、変異株の中でも世界的に猛威を振るっているデルタ株です。
4月の感染拡大の要因となったアルファ株よりも1.5倍ほど感染力が高く、東京では感染者に占める割合は7割を超えている、このように言われております。
全国的にデルタ株への置き換わりが急速に進むにつれ、さらに感染の拡大が進むことが懸念をされます。

一方で、足元の感染者の状況を見ます。
すでに高齢者の73%が2回の接種を完了する中で、これまでの感染拡大期とは明らかに異なる特徴が見られております。
東京における65歳以上の新規感染者の数は感染が急拡大する中にあっても本日も82人にとどまり、その割合は4月までの20%台から今では2%台に低下をしております。

これに伴い重症者の数の増加も見られ、一定の増加にも抑制が見られていての抑制が見られて、東京では人工呼吸器が必要な重症者の数は1月と比較しても半分程度にとどまり、そのための病床の利用率も2割程度に抑えられております。

また死亡者の数も1月の中旬と比較をし大幅に低い水準にとどまっています。
このようにワクチン接種の効果が顕著に現れております。

それでもなお強く憂慮するべきことがあります。
一つは、若い世代での感染が急拡大をいたしていることであります。
東京では30代以下の感染者の割合が7割に達し、中でも20代の感染者が連日1000人を超えています。
そして40代50代の重症者が増加傾向にあり、1月と比較をしても1.5倍という水準となっております。

このまま感染者の増加が止まらなければ、重傷者数もさらに増加をし、病床が逼迫をする恐れがあります。
また新規感染者数の急増に伴い、保健所による入院の調整に大きな負担がかかり、自宅で待機する方も増えているのが現状です。

こうした状況を勘案し、私はワクチン接種を進めながら、各地域でしっかりした対策を講じ、病床の逼迫を招かないように緊急事態宣言・蔓延防止等重点措置のそれぞれの地域を拡大をし、期限を延長する判断を致しました。

これまでに経験のない、新しい感染症との闘いのため、国民の皆さんには1年半にわたり対策にご協力いただいておりますことに心より感謝を申し上げます。

一方で昼食の期間が長期化する中で、自粛疲れの広がりが懸念されております。
特に若い世代の方々からは、コロナが怖い病気ではない、こうした声も聞かれます。
感染対策よりも、通常の生活が楽しみを優先させたいという気持ちもあると思います。

しかし、ご理解いただきたいのはデルタ株の出現によってこれまでとは変わり、若い世代の方々であっても重症化リスクが高まっており、感染後の重い後遺症に苦しんでいらっしゃる方がいるということであります。

再三に渡る皆様へのお願いですが、大変に心苦しい思いでワクチン接種がさらなる効果を発揮するまでの今しばらくの間、お一人お一人が高い警戒感をもって感染予防を徹底し、慎重な行動を取るようにお願いをいたします。

デルタ株であっても感染対策のキモはマスクを外した対話の機会が多くなる飲食です。
そして職場の飲食の場における感染が職場や家庭などにおいて広まっているという現実があります。

マスクの着用、手洗い、三密の回避という基本的な防止対策を徹底して、とりわけ会話をする時にマスクの着用を改めてお願いをいたします。

飲食店に対しては、長きにわたりご迷惑をおかけしております。
協力金を早期に支払うこととし、合わせてこれまでの協力金を簡素で、簡素な審査で速やかに支給するなど、要請に協力していただける環境の整備に努めてまいります。

同時に、今後、各都道府県において飲食店の見回りを拡大し、対策の実効性を高めてまいります。

夏休みは続き、お盆の時期を迎えますが、不要不急の外出や移動の自粛をお願いをします。
外出が必要な場合でも極力、家族や普段の仲間と少人数で行うことや、帰省など避けられない都道府県の移動であっても、感染防止策の徹底や必ず検査を受けるなど、極力慎重に対応していただきたいと思います。
また、路上の飲み会、普段会わない人との会食や、大人数は長時間での飲食は控えるようにお願いをします。

オリンピックが始まっても交通規制やテレワーク、さらには皆さんのご協力によって東京の歓楽街の、歓楽街の人流は減少傾向にあります。
さらに人流料を減らすことができるよう、今後もご自宅でテレビなどを通じて声援を送っていただくことをお願いをいたします。

新型コロナとの戦いのゴールは国民の命と健康を守ることであり、そのために必要なことは地域で機能する医療体制を維持していくことです。
そして切り札であるワクチンの接種と効果的な治療薬により、病院に大きな負荷を与える重症化を防ぐことです。
こうした考え方のもとに、本年2月に医療従事者への接種を開始をし、4月からは65歳以上の高齢者への接種を進めるなど、戦略的なスケジュールで接種を進めてきました。

幸いなことに、全国の多くの方々の協力を得て、自治医療機関での接種は1日130万回、企業大学での接種は1日に20万回と、予想を上回るペースで進んでいます。
その結果、これまでの接種回数は企業大学生での接種と合わせ9,000万回に近づき、今月末には高齢者の8割近くが2回の接種を終える見込みであります。

病院におけるクラスターの発生を防ぎ、高齢者への接種に目処がついた今、今後は重症化リスクが次に高い40代50代の方々、そして感染が大きく広がっている若い世代へのワクチン接種に注力してまいります。

全国の自治体には先々の配分量を速やかにお示しすることにより、計画的な接種が進めることができるように努めてまいります。

そして本日、40代以上の方に接種が可能となるアストラゼネカ製のワクチンが承認をされました。
政府において200万回分がすでに確保されており、希望する自治体などに速やかに提供をしてまいります。
こうした中で8月下旬には、2回の接種を終えた方の割合が、すべての国民の4割を超えるよう取り組み、新たな日常を取り戻すよう全力を尽くしてまいります。

さらにワクチンに関する正しい情報の発信に努めてまいります。
若い世代の方々にも自ら健康を守るため、そして大切な家族や友人を守るため、是非ともワクチン接種にご協力をいただけるようにお願いを申し上げます。

治療薬についても大きな進展があります。
これまで軽症者や中等症者には効果的な治療薬がありませんでしたが、こうした方の重症化リスクを7割減らす画期的な治療薬が今月19日に承認をされました。
既に使用を希望する全国の2,000を超える医療機関が登録をされており、要請に応じて順次配送をしてまいります。
政府としてこの中和抗体薬の十分な量を確保しており5、0代以上の患者に加え基礎疾患のある方に積極的に供給し、重症化を抑えてまいります。
また様々な検査所を活用し、具合が悪くなった方が身近な場所で気楽に検査ができる体制を整備してまいります。

宣言の出口についてはワクチンの接種状況とあわせ、重症者や病床利用率など医療提供体制の負荷に着目した具体的な分析を進め、適切に判断をしてまいります。
その上で社会経済活動の制限の緩和に向けた道筋を示してまいります。
8月末までの間、今回の宣言が最後となるような覚悟で、政府を挙げて全力で対策を講じてまいります。

国民の皆さんのご理解とご協力を心からお願いを申し上げます。