EasyWriting

ヤマグチユキヒト

自由にラフに明るく楽しく、友達へのメモ感覚のブログです。

 記事一覧 プライバシーポリシー お問い合わせ

[スポンサーリンク]

  <広告>

メルカリ出品での商品間違い発送防止に独自の管理番号を簡単に付ける方法

[スポンサーリンク]

  <広告>

不用品を処分するのに、メルカリを使っています。

同じような商品は複数個は無いので、商品間違いの発送は今まで心配することはありませんでした。

今回は、たまたまパソコンパーツが複数個出てきたので、微妙な型式や状態の違いの商品として小分け出品することにしたのですが、そうなると商品を取り違えて購入者に発送する可能性が出てきました。

商品ごとの管理しやすく手間も掛からず扱いやすい独自の管理番号が必要です。

そこで使うのがスマホのカメラアプリ「オープンカメラ」

もちろん他のアプリでも使えるものがありますが、時間の写し込み機能「タイムスタンプ」を使います。

商品の一枚目に表示する写真に、撮影時のタイムスタンプを写し込んでおきます。


f:id:yukiyamakun:20210812064103j:image

メルカリの閲覧者には、単に撮影時間にしか見えません。

撮影後の商品保管時に、タイムスタンプの時間を付箋で貼っておけば、購入通知が来たときにタイムスタンプの日時で商品の判別ができますから、商品を間違えることなく発送ができます。

購入者からすれば、違う商品が届いたら残念ですもんね。

出品者も返品キャンセルの手続きなど、不要な時間を使うことになります。

お互いにスムーズで安心の取引を行うためにも、タイムスタンプの活用は手軽にできる対策として有効だと思います。