ヤマグチユキヒト@Goodsunlog

試行錯誤と一進一退の日記ブログ

16GBにメモリ増設は簡単でした。リースアップの企業パソコン DELL OPTIPLEX 9020 SFF(スモールフォームファクター) Intel(R) Core(TM) i5-4570 CPU @ 3.20GHz   3.20 GHz 8GB RAMを16GBに。

パソコンのメモリを増設しました。

増設したデスクトップPCは、

DELL OPTIPLEX 9020 SFF(スモールフォームファクター)
Intel(R) Core(TM) i5-4570 CPU @ 3.20GHz   3.20 GHz
8GB RAM

続きを読む

動画編集ソフト(アプリ)と環境をなんとかしたいとジタバタ中

YouTube の活動、久しぶりに本腰を入れてます。

https://www.youtube.com/@GoodsunTV

www.youtube.com

 

動画の編集は、スマートフォンでいいやと思っていましたけど、早く快適に編集を行うなら、パソコンの方が快適なので動画編集ソフトを検討しています。

 

Shotcut という動画編集ソフトか無料で使えること、そして僕のパソコンの低スペックでも動作するということで、僕的にはこれしかないのかなと思っていますが、それでも更に快適な編集環境を整えたくなりました。

ちなみにパソコンのスペックはこれです。

DELL OPTIPLEX 9020
Intel(R) Core(TM) i5-4570 CPU @ 3.20GHz   3.20 GHz
8GB RAM

 

Shotcutは、使いやすい編集ソフトですが、テキストの入力に融通が効かないところがあり、かなりシンプルな動画編集になってしまいます。

編集に凝り始めるとちょっと物足りないという感じです。

 

さて、できれば無料で、有料でも出来るだけ安く。

そんな動画編集はないかと探し回っていたところ、最新版のPowerDirector21が月額500円ほどで使えるセール期間だと知りました。

jp.cyberlink.com

 

PowerDirectorは5年ほど前に使っていたのですが、その時のバージョンは14で、その後スマートフォンでの編集に切り替えたので、それ以来使っていませんでした。

 

使っていたということは手元にPowerDirector14のCD-ROMがある(ダウンロード版ではなく)わけで、それを再インストールすれば使えるはずなんですが、今度は残念ながら今使っているパソコンのCD-ROMドライブが絶不調でインストールできませんw

 

あの頃はかなりハイスペックなパソコンを使っていたので、どんな動画編集ソフトでも動作に不安はありませんでしたが、今のパソコンはCore i5で、通常の使用には問題ないですが動作する動画編集ソフトは限られます。

当時のパソコンのスペックです。
DELL PRECISION T7500
CPU Xenon X5650 6コア12スレッド 2基搭載
2.66GHz
Memory 12GB PC3-10600

 

ひとまずウェブサイトから体験版をインストールしました。

ややこしいエフェクトをかけなければ動きます!なんとか編集できそうです。

 

それなら安い外付けドライブを購入して、以前使っていたPowerDirector14 をインストールすればいいかなと検討しました。

Amazonで探したら2,000円くらいからありますね。
ひとまず購入しておきました。

あ、下記の外付けドライブ、セールで1782円でした。

ドライブは12月1日に届くので、それからPowerDirectorを試してもよいですが、古いバージョンPowerDirector がこのパソコンて動くとは限りません。

もしかしたら最新版のPowerDirector21だから、以前より動作が軽くなっているのかもしれません。

 

それなら最新版を契約た方が無難かもしれません。

 

編集は試しましたが、出力は大丈夫なのか。

低スペックのバソコンだと出力(エンコード)に時間がかかります。

 

7分ほどの動画をFHD(フルHD)で出力してみた結果、なななんと!

 

40分かかります(^_^;)

 

いや、これは使い物になりません。

 

因みにHD画質なら3分ほどで出力出来ました。

まあ、HD画質でもいいのですが、ソフトに課金するなら高画質の編集もできないと勿体ない気がして、一旦保留しています。

 

DaVinci Resolve 18も試しましたがスペック不足でしたし、編集操作に慣れる時間も必要もあります。

www.blackmagicdesign.com

 

動作が軽いなら、頑張って使いこなす気でいましたけど。

 

次に、lightworksです。

lwks.com

編集動作は軽いです、良いですね!

HDなら3分で出力できました。

FHDだと、、、、有料版でしか出力できません。

課金しないと試せないので、ひと月だけでも試すか。

価格は、今の為替レートだと1,385円。

 

lightworksの推奨スペックに「Intel i7チップセットまたは同等のAMDチップセット」とあります。

現パソコンはi5、しかも第4世代。

かなり厳しい状況なので、課金してFHD出力を試してがっかりする可能性が大です。

う~ん、課金してまで試せないw

 

 

かといって、パソコンを買い替えまで検討すると大げさすぎます。

YouTubeで以前のように収益があるなら別ですが、今のところは趣味の範疇から抜け出せないですし、仕事の都合で時間をかけることもできません。

出来るだけ動画編集の作業時間を短縮して、撮影やブログの執筆の時間を作りたいのです。

時短の為の高性能パソコンの導入も検討できないわけではないですが、現状ではコストがかかりすぎます。

 

時短かぁ。

 

隙間時間を活用できるように考えるなら、自宅でパソコンの前でしか編集できないよりも、いつでもどこでも動画編集できた方が良いかもしれません。

 

スマホ動画編集です。

 

あ~、堂々巡り。

 

でも、ひとつ、良さげなアプリに巡り合いました。

 

「VLLO」

Android版、iOS版、共にあります。

play.google.com

VLLO - 直観的な動画編集アプリ

VLLO - 直観的な動画編集アプリ

  • vimosoft
  • 写真/ビデオ
  • 無料

apps.apple.com

 

今使っているスマートフォン AQUOS R でも動作しました。

しかも使いやすい。

無料版でも基本的なことはできますし、出力時に広告が再生されることくらいしか制限はありません。

課金すれば、動画の明るさ補正やオーディオ分離など、出来ることは増えますが無料のままでも使えます。

価格は時期により変動するようですが、概ね年間で1,200円以下ですから、月に100円ほどで済みます。

使っていて有料のエフェクトが使いたかったら、課金してもよいですし、そもそも躊躇するほど高額ではありませんから、最初から有料でも良いくらいです。

 

スマートフォン、、、、。

老眼には厳しい、、、、、。

出来ればタブレットで編集がしたい。

出来ればAndroidタブレットで。

 

VLLOが実際に動作したAQUOS Rのスペックは、

Qualcomm® Snapdragon™ 835(MSM8998)
2.2GHz(クアッドコア)+1.9GHz(クアッドコアオクタコア
RAM 4GB(LPDDR4X)

 

このスペックがあるAndoridタブレットは持っていません。

Quatab QZ10は持っていますが、スペックは、

MSM8953 / 2.0GHz×8コア
RAM:3GB / ROM:32GB

無理です、きつかったですw

 

Snapdragon835搭載のタブレット、、、、、。

 

市場に無い、、、、。

 

さて、外付けドライブの到着を待つとしよう。

 

振出しに戻るw

 

※乱筆乱文ひらにご容赦

 

 

今だから乗り換えた!ネット投稿者が 「mineo20GB」 から「NUROモバイルNEOプラン」へMNPした理由を具体的に書き出しました。

 

※あくまでNUROモバイルのNEOプランのみに関して書いています。
※NEOプランliteおよび他のプランはブログの内容に一切含んでいませんのでご注意ください。

NUROモバイル NEOプランの記事を書いた理由

mineoからの乗り換えで、NUROモバイルを契約しました。

私は格安SIMの「mineo」を気に入って使っていました。
プランは「音声通話付きの20GB」で、docomo回線でした。

毎月20GBあれば間に合いましたし、月額基本料金も2,178円とコストパフォーマンスに優れた価格でした。
しかも、低速モードに切り替えても、上限1.5Mbpsのパケット放題プラスも無料で利用できます。

正直なところ、他社のプランに変える気は全くなかったのです。

ではなぜ、NUROモバイル の NEOプランに乗り換えたのか。

それは、今回のキャンペーンがmineoを継続利用するよりも得だったこと。
そして、mineoにはないサービスが魅力的に見えたからです。

乗り換えてから2週間以上が経過し、私的には不満点が無かったので、NUROモバイル NEOプランのことをお伝えしたいと思い、記事を書いています。

現状で毎月20GB前後を使う人には良い感じのNUROモバイル NEOプランですので、最後まで目を通していただければ嬉しいです。

15,000円のキャッシュバック

NUROモバイル NEOの基本料金は後述しますが、実はmineoの20GBの音声通信プランの2,178円よりも高いです。

でも、乗り換える一つのきっかけになったのがキャッシュバックキャンペーンでした。

以下がキャンペーン概要です。

「キャンペーン期間」※終了日未定
NEOプラン申し込み特典 ※他のプランはキャンペーン対象外
契約8ヶ月後に15,000円キャッシュバック
エントリーパッケージ利用時は対象外
利用開始月を除く8ヶ月目の15日に受取専用ページのURLがメールで届く。
メールから45日以内に専用ページで振込先の情報を入力
最短1営業日で口座にキャッシュバックされる
キャッシュバックを受け取るまで下回るプランへの変更は禁止

9か月ほど契約を続けていれば15,000円がもらえるのです。

月額から値引きされる訳ではないのですが、キャッシュバック分を充当(相殺)したら、実質的な月額基本料金は安くなるのではないかと考えました。

では、NUROモバイル NEOプランの月額基本料金と、継続利用した場合の実質的(いわゆる相殺したとして)な月額基本料金はどうなるでしょうか。

実質的な月額基本料金

まず、NUROモバイル NEOプランの基本料金は2,699円です。

キャッシュバックの15,000円を「NEOプラン」の使用期間に対して単純に割り当てた場合の実質的な月額料金は以下の通りになりました。

12か月利用 1,499円/月
18か月利用 1,865円/月
24か月利用 2,074円/月

mineoの20GB音声通話プランが2,178円ですから、キャンペーンが適用されれば、24か月以内の利用の場合、実質的にmineoのプランよりも安くなります。

とは言っても、契約時に経費が必要なら乗り換えに躊躇してしまったでしょう。

では、初期契約時に必要な経費はどのくらいでしょうか。

契約時に必要な費用

初期事務手数料 無料
SIM発行手数料 無料
初月の月額利用料金 無料

※支払いはクレジットカードのみ

つまり、NEOプランに関しては一切の費用は掛かりません。

mineoと同じ容量で実質的な月額基本料金が安くなって乗り換えの費用が0円というのも、乗り換える気持ちになった要因の一つです。

そうです、あくまで要因の一つ。

ほかに何が?

余ったデータ容量を翌月に繰り越せるのはmineoと同じですが、NUROモバイル NEOプランは更にお得な「Gigaプラス」が付いてきます。

月間の容量(ギガ数)と「Gigaプラス」

月間の基本データ容量は20GBです。

でも、NUROモバイル NEOプランには「Gigaプラス」が付いています。

「Gigaプラス」とは、契約3か月ごとに15GBがもらえるお得なサービスです。
※3か月目ごとの15日に申請により付与、使用期限は翌々月末。

つまり、最初の3か月までは使用できる月額基本容量が20GBですが、それ以降は、より多い容量を持つことができます。
NUROモバイル NEOプランは、mineoの20GBよりも実質的な価格が安くて容量が大きいのです。

かなりお得に思いませんか?

僕は、この時点でmioneoから乗り換える気持ちが大きくなっていました。

以下はGigaプラスの概要です。

NEOプラン(20GB)が対象、NEOプランLiteは対象外
3ヶ月ごとに15GB付与
データ付与月に手続きを行うこと
翌月には申請手続きが不可能に
受け取ったGigaプラスは翌々月末まで有効
つまり90日間有効ではない点には注意が必要

上記の通り、15GBは90日使えるわけではなく、最長で約75日ですから、キッチリ3か月に割り振るようなことは出来ません。
それでも嬉しい増量だと思います。

その増量分の「Gigaプラス」の容量消費の優先度が気になりました。

公式サイトによると下記のようになっています。

データ繰り越しと消費される優先度

まず、使いきれなかったデータ容量は翌月まで繰り越せます。

データが消費される順番(優先度)は次の順です。

1.パケットギフトで受け取ったデータ容量
2.前月の繰り越しデータ容量
3.契約プランごとに設定されたデータ容量
4.容量チャージにより購入したデータ容量
5.Gigaプラスで付与されたデータ容量

順当な消費順だと思います。

Gigaプラスのおかげで、1GBの単価が安いNEOプラン

仮に24か月利用した場合の「Gigaプラス」を含めた容量の、1GB当たりの単価は以下の通りです。

2年分の実質支払い額 2,074円 (キャッシュバック分相殺) × 24か月 = 49,776円
2年分の基本容量 20GB × 24 = 480GB
2年分のGigaプラス 15GB × 7回(当初3か月無しの為) = 105GB

2年分の基本容量 + Gigaプラス 480GB + 105GB = 585GB

2年間の1GB当たりの単価 49,776円 ÷ 585GB = 約85円
※mineo20GBプランの場合の1GB単価は約109円

2年間の1GB単価は激安の85円です。

つまり、格安SIMの中でも基本料金における1GB単価がかなり安いと言えます。

乗り換えたくなった気持ち、わかってもらえるでしょうか?

まだですか?

では、さらにお得だなと思ったことを書いていきますね。

SNSが使い放題!? NEOデータフリーの活用と注意点

手続き不要&利用料無料、データ通信量を消費しないサービス「NEOデータフリー」が NUROモバイル NEOプランには付いています。

LINE・Twitter・Instagram・TikTokの利用が対象で、データ容量を消費しません。

容量がmineoよりも大きくて安いのに、さらに上記のSNSでのデータ消費を気にせずに済むのです。

ただし、各SNSでも対象外の機能があるので列記します。

LINEの機能でNEOデータフリーの対象外
・ビデオ通話
・トークでの位置情報の共有
・トークでのジフマガの利用
・トークのみんなで見る機能による画面シェア
・トークのみんなで見る機能によるYouTube閲覧

Twitterの機能でNEOデータフリーの対象外
・メッセージ(DM)でのGIFの利用
・外部リンクへの接続
・ツイートに含まれるYouTubeなど外部サービスの利用
・公式アプリ(Twitter,Inc.が提供)以外の利用
・他社サイトへの接続(URLなどをクリック)

Instagramの機能でNEOデータフリーの対象外
・メッセージのビデオチャット・通話
・Music Storiesの利用
・他社サイトへの接続(URLなどをクリック)

TikTokの機能でNEOデータフリーの対象外
・レコメンドの表示で広告などTikTok外部の動画
・トレンドの表示で広告などTikTok外部の動画
・動画の閲覧・投稿で広告などTikTok外部の動画
・他社サイトへの接続(URLなどをクリック)
・他社アプリへの遷移

どうでしょうか?
制限事項はあるものの、ライブ配信をされる方や動画の投稿が多い方などにはNEOデータフリーは有効だと思います。

mineoにはないサービスですから、これもNUROモバイル NEOプランに乗り換えるきっかけとなりました。

※制限事項が変更される場合もありますので、契約時には公式サイトで最新情報の確認を行うのが良いでしょう。

mineoの20GBでも容量的な心配をせずに動画配信は出来ましたが、やはり容量の消費は気になります。

残念ながら、NEOデータフリーは、YouTubeには対応していません。

でも安心!

「NEOデータフリー」では未対応のYouTubeですが、実は、NEOプランには「あげ放題」が付いているので、YouTubeの動画アップやライブ配信のデータ消費も気にしなくてよいかも!です。

「あげ放題」と、YouTubeライブでのデータ消費量

NUROモバイル NEOプランに付いている「あげ放題」とは、データのアップロード時に通信容量を消費しないサービスです。

つまり、月間の容量20+αのGBは、全てダウンロードだけで消費してかまいません。

凄すぎませんか?

mineoより安くて容量が大きくて、アップロードはノーカウントですよ!

今までアップロードで消費していた容量を、NUROモバイル NEOプランに乗り換えることで、相対的には使える容量が増えるということになります。

特に、スマホでのアップロードが多かった人には、とてもマッチする「あげ放題」です。

僕はYouTubeライブをスマホで行いたいので、本当に「あげ放題」はアップロードで容量を消費しないのか、実際にライブ配信でテストをしました。

まず、スマホからWi-Fiテザリングでパソコンを使ってのYouTubeライブを行いました。

1時間あたりのデータ消費量はFHD(1080p)の配信で約300MBでした。

おや?消費していますね?

もしかしたら、パソコンがバックグラウンドで何らかのデータ受信を行っていた可能性はありますので、もしパソコンでのライブ配信に「あげ放題」を使う予定の方は注意が必要かもしれません。

とはいえ、一般的にはYouTubeは1時間毎に1GBほど消費すると言われているので、逆算するとアップロード分の700MB分ほどが消費されずに済んだことになります。

では、スマホで同様のライブを行った場合はどうだったかというと、同じく1時間でのデータ消費量はHD(720p)の画質でわずか30MBでした。※FHDのスマホライブは行えませんでした。

スマホでも、バックグラウンドで動いているアプリもあるでしょうし、YouTubeライブについてもアップロード側だけのデータ通信では無く、多少は受信しているデータもありますから完全に消費ゼロというわけではありません。
※コラボ配信の場合は受信データも増えるので「あげ放題」を利用出来ていても、データ消費量は増えると思われます。

アップロード時のデータは消費しないけれど、アップロードデータだけで成り立つデータ通信は無いというのが本当のところだと思います

しかし、概ねアップロードのデータは今までよりは大きく減らせますから、ライブ配信などのアップロード消費の多いサービスを頻繁に利用する人などに向いているプランですし、今まで他社の20GBプランで運用していて、月末に容量不足に陥る人であれば、NUROモバイル NEOプランの「あげ放題」で容量的に余裕が生まれるはずです。

とてもお得な「あげ放題」にも制限事項がありますので、確認しておきましょう。

「あげ放題」の制限事項

長時間の使用(監視カメラなど)では利用制限の可能性がありますし、事業用途では利用不可です。
また、月間使用量の合計が契約プランの当月データ容量を超過した場合、送受信いずれのデータ通信も速度が制限されます。

つまり、24時間365日アップロードを使い続けるようなプランではなく、常識的な範囲で動画をアップしたりライブ配信したり、Googleフォトへの自動同期などに有効活用するプランという認識になります。

回線に対して嫌がらせのような運用をせず、容量を気にせずに楽しむのが「あげ放題」の使い方だと思います。

使用するキャリア(通信回線)

NUROモバイル NEOプランの通信回線についてです。

現状で提供されているのはdocomo回線のみです。
au、ソフトバンク系の回線の提供はありませんので、エリア問題などで回線依存度のある方には注意が必要です。

他社回線の提供が望まれるところです。

5Gの利用は?

5Gの利用はオプションです。
とはいえ、無料のオプションで「ご利用者向けページ」から申し込めます。

僕の場合、今のところ5Gの必要性がないため、申し込んでいません。

気になる方は公式ページでご確認ください。

合わせて、ネットでの評判なども検索された方がよろしいでしょう。

eSIMの選択は?

残念ながらeSIMの提供はありません。

ただ、これも僕の場合は必要ではなかったので、デメリットにはなっていません。

しかし、今後、提供されるといいなと思っています。

通話料と通話方法

通話専用の独自アプリは不要です。

日本国内への発信はオートプレフィックス(識別番号(プレフィックス番号)を自動付与)なので、スマートフォンの標準電話アプリから発信しても安いです。
※海外への発信は、NUROモバイルでんわ(アプリ)を使うことで、通話料が安くなります。

NUROモバイルでんわ
申し込み不要
オプション利用料不要
オートプレフィックス機能あり

通話料金
11/円30秒

かけ放題オプション
5分かけ放題 490円/月
10分かけ放題 880円/月
※時間超過後は11円/30秒

僕はほとんど通話をしないのですが、仮に5分かけ放題でも490円でつけられるので、あとで考えてもよいと思いました。

毎月、22分以上(1通話5分未満)の通話が継続するなら、490円のかけ放題の契約をしてもよいかなと。

通信速度について

気になる通信速度ですが、あくまでMNO(docomo大家さん)ではなくてMVNO(間借り回線)ですから、時と場合によって変化があります。

とは言っても、NUROモバイル NEOプランは「専用帯域」を使用すとのことなので、比較的速度が安定するのではないかと期待値が高いです。

いずれにしても、MVNOである NUROモバイル NEOプランの速度的なコストパフォーマンスが、自分の用途に足るか足らないかが問題です。

気になったので、平日の通勤時間帯に大阪駅周辺でスピードテストを行ってきました。
実際のスピード測定アプリの挙動なども見られるので、ご参考になれば幸いです。

動画➡NUROモバイル NEOプラン 平日の朝に 通勤時間帯の大阪駅周辺でスピードテストしてきました。

ざっくりと計測した速度を記載します。

大阪駅1Fコンコース
↓160Mbps
↑19Mbps

サウスゲートビル地下1F
↓ 38Mbps
↑ 11Mbps

大阪駅前バスターミナル1F 屋外
↓ 2.2Mbps
↑ 3.8Mbps

地下鉄御堂筋線 梅田駅ホーム
↓ 11Mbps
↑ 4.9Mbps

どうでしょうか?

大阪駅前バスターミナルでは遅いものの、MVNOとして実用的には概ね問題ないと思います。

本当は夕方の帰宅時間帯にも計測したかったのですが、現在の僕は大阪駅を経由する通勤ルートではないこと、平日は20時過ぎまで勤務時間であることから計測できませんでした。

NUROモバイル NEOプランの契約をされる際には、事前にネットで最新の速度情報を収集されることをお勧めいたします。

通信速度の制限

当月利用データ通信量が規定値に達した場合、月末まで初速バーストありの最大1Mbpsに制限されるとのこと。

20GBあれば足りる前提で乗り換えたので容量不足は想定していませんが、仮に制限されても本当にバースト付きの最大1Mbpsなら、月末も乗り越えられると想定していますが、こればかりは、制限がかからないとわかりません。

もし、どうしても我慢できないレベルの制限だった場合は、1GB/550円のデータチャージを利用する方法もあります。
ただ、僕の場合は予備の回線としてpovo2.0(au回線)も契約しているので、1GB/7日間有効/390円 をトッピングしたスマホでテザリングという方法も検討しています。
その日だけ使い放題したいときにpovo2.0なら 使い放題/24時間/330円 という手もあります。

NUROモバイル NEOプラン と povo2.0 の 2回線運用は、なかなかアリです。

もしもの災害時にdocomoと別にau回線があるという安心感もあります。

申し込みからSIMカードが届くまでの日数

実際の時系列で書いています。

■土曜の14:25に申し込みをしました。
すぐに「NUROモバイルお申し込み完了のご連絡」メールが届きました。

■翌週の火曜日、午前8時過ぎに「NUROモバイル 発送のご連絡」のメールが届きました。
メールには「クロネコヤマトの荷物お問い合わせシステム」のURLと伝票番号が記載されていますので、自分で荷物の状況を確認することができます。
すぐに確認したところ前日の月曜日には発送済みで、この通知が届いた日が配達日になっていました。
つまり、発送日の翌朝にまとめて発送通知が配信されているものと思われます。

申し込みから発送まで、土日が休業だとすれば翌営業日には発送していただいたことになります。

平日14時迄の申し込みなら、SIMのみの契約に限り最短翌日に届くという宣伝もされていますから、タイミング次第では翌日に受け取ることも可能かもしれません。

MNP契約では開通予約が必要

私のようにMNPで契約した人は、「ご利用者向けページ」から開通予約を行う必要があります。

「NUROモバイル」ご利用者向けページ
 https://mobile.nuro.jp/user/userMenu/

NUROモバイル」ご利用者向けページの利用には、SIMカード裏面のパスワードが必要なので、この時点ではログインして利用することはできません。

SIMカードが届いたら、説明書の通りに作業を行うことで開通予約に進むことができます。

開通予約日時は画像のパターンでした。

MNPの開通予約を申し込んだらすぐに、「NUROモバイル MNP開通予約完了のご連絡」メールが届きます。

11月9日午前零時過ぎの段階で、最短MNP切り替え日時である、9日の9:00~11:00を予約しましたところ、同日9時過ぎには旧回線からNUROモバイルの回線に切り替わりました。

切り替わったとほぼ同時に、「NUROモバイル 利用開始のご連絡」メールが届きました。

申し込みから利用開始のメール受信履歴画像です。
おおよその経緯が見て取れます。

利用開始メールを受信した後に通信プロファイルの設定を行いました。

家の電話との発着信テスト、ならびにデータ通信のテストを行って、問題がないことを確認いたしました。

利用者向けページで出来ること

SIMカードが届けば「利用者向けページ」の利用が可能になります。

「利用者向けページ」で出来ることは下記のとおりです。

利用状況の確認
各種オプション手続き
プラン変更
登録情報変更

「利用者向けページ」の専用アプリは無いので、ブラウザでのブックマークと、スマホのホーム画面への追加をすることでアクセスしやすくなりました。

解約時に必要なこと

解約時にかかる料金

解約金は不要ですが、解約月の基本料金は日割り計算なしの満額請求です。

もし、他回線にMNPを行うなら、転入先が初月無料のところが良いですね。

SIMの返却

SIMカードは送料負担で返却が必要です。
これは忘れないようにしたいですね。

NUROモバイル NEOプランの雑感 ※僕の場合

ざっくりとまとめます。

キャッシュバックまで8か月は長くない?
短くはないですが、今のところは、それくらいの期間は使うだろうと思える回線です。
仮に我慢できないくらいの不満が出れば、キャッシュバックを待たずに乗り換えます。
mineoより500円ほど高い基本料金ですが、実際のところ月が出500円の差って気になっていません。
マクドナルドの最安値セット1回分程度です。

mineoから乗り換えてよかった?
今のところ(2022/11/20時点)は良かったです。

通信速度の不満はない?
これも、今のところ不満はなく、満足度が勝ります。
特に実感するのは、マクドナルドのモバイルオーダーと、QRコード決済時のアプリの起動が早くなったことです。
プチストレスがなくなりました。

コスパは良いの?
僕の使い方ではmineoよりもコスパに優れていると思います。
ただ、今後、用途が変わればmineoに戻るかもしれません。

乗り換えようと思ったポイントをズバリ上位順で!
①15,000円(8か月後)のキャッシュバック
②アップロードのはノーカウント「あげ放題」
③速度制限後の初速バースト付き1Mbps
④「Gigaプラス」3か月ごとにもらえる15GB
⑤初期費用が不要

こんなところだと思います。

今のところ、満足感しかないです。

NUROモバイル NEOプラン申し込み

NUROモバイル NEOプランは WEBのみでの申し込みになります。

15,000円のキャッシュバックキャンペーンは、2022/11/20現在で終了日は未定ですが、これがあるのとないのとでは大違いですので、申し込みをご検討ならキャンペーン開催中が断然お得です。

docomoのSIM(バンド帯)を利用可能なスマホを用意。
ご自身のエリアがdocomoで問題ないか。
ネット上で「地名」と「NEOプラン」で検索して評価を確認。
クレジットカードと身分証明書を用意。
回線利用開始日の事前検討。

申し込み時にクーポンコードやエントリパッケージなどをご利用になると、
キャッシュバックキャンペーンが適応されないとの事ですので注意ください。

上記を準備の上での申し込みが良いかと思います。

 

ハマる人にはハマる NUROモバイル NEOプラン の記事でした。
最後までお読みいただき、誠にありがとうございました。

誤字脱字乱筆乱文ご容赦ください。

格安SIMで人気の「mineo」 契約事務手数料3300円を無料にする3つの簡単な方法

格安SIMで人気のmineoですが、普通に申しみの際の費用、気になりますね。

下記には、簡単に契約事務手数料を無料で契約する方法について書いています。


動画でも喋りましたw


★初期費用

・契約事務手数料 3,300円(税込)

・SIMカード発行料、またはeSIMプロファイル発行料 1枚440円

契約事務手数料の3,300円は、結構きついですよね。

SIMの手数料は440円ですから、これは我慢ですw


■契約事務手数料をゼロ円にする方法

★Amazonでmineoエントリーパッケージを購入すれば契約事務手数料は必要ありませんが、そもそもエントリパッケージの購入に330円が必要ですから無料とは言い難いです。


完全無料なのは協賛ページからの申込み

★価格.comからmineoの無料申し込みをする(0円 キャンペーン終了時期未定)

実は 価格.comではmineoだけではなく、多くの企業とタイアップキャンペーンを行っています。

協賛ページから普通に申しこむだけで、mineoの契約事務手数料が不要で申し込みができます。

https://kakaku.com/mobile_data/sim/mvno/84/campaign/


★TownWiFiのアプリからmineoの無料申し込みをする(mineoとの提携によるもので期間は未定)

街中のフリーWiFiと自動接続してくれる便利アプリがGMOが提供しているTownWiFiです。

TownWiFiは、最近mineoとの連携強化が行われ、フリーWiFi(自宅のWiFiも対象)の利用でポイントを貯めてmineoのギガをGET出来るようになりました。

安価な運用を目指す方なら、マイピタ1GB 1,298円とTownWiFiのポイ活にチャレンジするのも面白いかもしれません。

ちなみに2,000WiFiポイントで翌月末まで使える1GBと交換できるとのこと。

https://townwifi.jp/


・Amazaonのエントリーパッケージは購入に300円程度かかりますが、価格.comとTownWiFiから申し込めば契約事務手数料は完全に無料です。

・価格.comとTownWiFiのキャンペーンが終わった場合は、Amazonでの購入という流れでしょう。


■余談ですが、筆者は先日、mineoマイピタ20GBから、NUROモバイル の NEOプランにMNP(モバイルナンバーポータビリティー)しました。

その理由を余すことなく解説してるチャート付きのライブアーカイブがこちらです。

「総まとめ!NUROモバイル NEOプラン のメリットと mineo 20GBから乗り換えのメリットを徹底解説ライブ」


では、話を戻して、mineoの申し込みとプラン、オプションなどについてです。

ご検討の参考にご利用ください。

※情報は常に古くなりますので、実際の申し込み時には最新情報をお調べくださいね(^^)/


■申し込み時に必要なもの

・本人名義のクレジットカード

・ 本人確認書類 ※音声通話・SMSを利用、端末割賦購入の希望者

・ 連絡用メールアドレスと電話番号


■料金プラン

★マイピタ

●音声+データ通信(デュアルタイプ)

・1GB 1,298円

・5GB 1,518円

・10GB 1,958円

・20GB 2,178円

●データ通信のみ(シングルタイプ)

・1GB 880円

・5GB 1,265円

・10GB 1,705円

・20GB 1,925円


★マイそく

●デュアルタイプ・シングルタイプ

・ライト(最大300Kbps) 660円

・スタンダード(最大1.5Mbps) 990円

・プレミアム(最大3Mbps) 2,200円


・24時間使い放題 1回330円


■主なオプション

★パケット放題Plus

・月額385円(10GB以上のプランは無料)

ネットも動画も最大1.5Mbpsで対象サービスに制限なし。

※3日10GBの使用で速度制限の可能性あり

※マイそくとの併用はできない


★かけ放題

・10分かけ放題 月額550円

・無制限かけ放題 月額1,210円


●かけ放題割引キャンペーン中

※申込期間2022年3月1日(火)~2023年3月31日(金)

10分かけ放題→  1年間440円/月(初月は無料)

時間無制限かけ放題→  1年間990円/月(初月は無料)


最後までお読みいただきありがとうございました\(^o^)/

動画の再生中にピンチアウトで最大8倍まで拡大表示できます。


 

[YouTubeアプリ]  ピンチアウトで拡大縮小が可能になりました。


今朝、何気なくYouTubeアプリを開いてみると、ナイトモードが可能とのこと。


いや、僕はデイライトが好みなので設定しないを選択しました。


ごめんなさい、スクショ無しです(^^;)


で、そのあとに「拡大表示可能」のアナウンス画面が流れてきました。


これもスクショ無しです(^^;)


さっそく試してみました。


全画面モードなら、指操作「ピンチアウト」で。最大8倍まで拡大表示されます。


とは言っても画面の拡大なので、いわゆるデジタルズーム。


つまり、画像は荒くなります。


でも、、少し拡大して見たい時には役立つ便利機能です!


ささっと動画に撮ってアップしましたので、動作状況はそちらでご覧ください。


というか、この時点でYouTubeアプリユーザーさんは、そのままお試しになっていると思いますがww

youtu.be

ダイソー 新型モバイルバッテリー は 全ケーブル内蔵 で 10,000mAh なのに1,100円と買いやすい価格

 100円ショップ ダイソー の 新型モバイルバッテリーです。


正式な商品名は「MB23 ケーブル一体型 10,000mAh POWER BANK(黒)」です。

購入時点での店頭価格は税込み1,100円です。


購入店舗では黒色の商品展開しかありませんでした。

ダイソーオリジナル商品ではなく「株式会社ECore」の表記があります。


仕様について

本体サイズは、高さ145mm・幅66mm・厚さ20mm・重量231g(実測重量233g)です。

バッテリー容量は10,000mAh(実用キャパシティは6,200mAh)で満充電時間は6時間です。
出力は全ポート合わせて最大2.1Aです。

 

必要な全ケーブルを内蔵

このモバイルバッテリーの特徴であり利点は、モバイル機器充電用の3種のケーブルと、モバイルバッテリー自体への充電用ケーブルを内蔵している点です。

 

機器充電用のケーブル種とケーブル長

Lightning(反面タイプ85mm)・MicroB(75mm)・Type-C(45mm)、の3種を本体に収納できるようになっています。

本体充電用のUSB-Aケーブル(103mm)も同様に本体に収納可能です。

  



ポート類

内蔵ケーブル以外の運用方法としては、本体側面にUSB-Aの出力ポートがあります。


反対側の側面には本体充電用のMicroBポートも装備していますから、別途ケーブルを用意しての充電も可能です。


本体サイドの押しボタンでインジケーター表示と給電の開始となります。

 

バッテリー残量表示は、前面上部の4つのLEDがインジケーターとなります。

75~100%☆☆☆☆
50~75%  ☆☆☆
25~50%  ☆☆
0~25%    ☆


注意が必要な点

注意点としては、お子さんが触れる環境には置かないことです。

と言いますのも、本体のUSB-AとMicroBポートに本体のケーブルを挿すことが可能だからです。

この状態で給電開始ボタンを押すとケーブルを通してループ状態で電流が流れることになってしまいます。



使用時の置き方について

ケーブル収納面を上にして置くと滑りやすいので、少し傾斜のある場所では安定しません。


収納したケーブル面を下に(LEDインジケータ側を上に)して置くと、机上などでは滑りにくくなり安定します。


ケーブルが接地して滑り止めの様な働きをしています。

 

動画でも紹介しています。

3分間の短い動画ですので、どうぞご覧ください。

https://youtu.be/V-WHhbnLcow

#ダイソー ケーブル内蔵タイプ 新型モバイルバッテリー 10,000mAh #100均 #daiso - YouTube


最後までお読みいただきありがとうございました。










LINEトーク引継ぎ Android↔iOS が「かんたん引き継ぎQRコード」で、直近14日間に限り可能になっていた。

 


LINEのトークバックアップは、AndroidならGoogleドライブ、iOSならiCuloudで行えていましたが、OS違いでは行えません。
つまり、 Android スマートフォンと iPhone との間では LINE の引き継ぎができませんでした。

私も諦めつつ、先日 iPhone から Android へのLINEアカウントの切り替えを行おうとしたところ、「かんたん引き継ぎQRコード」という機能が増えていました。


旧端末のLINEアプリから「かんたん引き継ぎQRコード」を選択します。

この機能を使うと、iOSとAndroidの双方向で過去14日間のトーク内容を引き継ぐことができます。


旧端末で「かんたん引き継ぎQRコード」を選択すると下記画面に。


新端末側でログインを選択

次の画面でQRコードでログインを選択


新端末で旧端末のQRコードをスキャン

読み取り後に旧端末でロック解除と本人確認を行います。







これで、直近14日間のトークを引き継いで使うことができました。

今までは、 Android と iOS の機種変のたびに諦めていた LINE のトーク引き継ぎですが、過去14日分だけとはいえ、以前よりは気軽にAndroid と iOSの機種変更ができるようになりました。





けっこう安い「イオシス」 の 6,980円 未使用8インチタブレット”EGBOK P803” は、サブ用のタブレットとして満足度の高い買い物だった!

 事の発端は、「けっこう安い」”イオシス”さんのツイッター投稿でした。

☆モザイク解禁!!☆
EGBOK P803 SIMフリー
未使用品 税込6,980円
Android11搭載の業務用タブレット【エグボック】を6000台入荷!!
⏬商品ページ⏬https://t.co/8nCfb4wftx
安タブ欲しい個人さんも、自社アプリで運用したい法人さんもお待ちしております!!#イオシス #箱のロゴには触れないで pic.twitter.com/BecGzeGkYa

— イオシス公式 (@iosys_official) June 16, 2022


税込み6,980円の8インチ新品Android11タブレットって、強烈なワードじゃないですか!

投稿されたのは6月16日の午後8時。

どんな機種なのか気になって仕方がありません。

買う前には当然ググるけど

「EGBOK P803」なんてヒットしませんやんw

日本から撤退のニュースが出た、フードデリバリーサービス「DiDiフード」の店舗用端末らしいことは推測できるのですが、それ以上の情報がないw

何も迷わず買ってしまうか?

でも、イオシスさんが「RAM3GB」を、わざわざ「2GB」と訂正されているのが気になります。

これって信じるべき訂正ですもんね。

あと、外部メモリー(SDカード)の使用可の記載がなくて。

もし、内蔵の32GBと2GBのRAMだと安いとはいえ、ちょっと微妙かなと思った次第。

えいや!っと買ってしまった。

在庫6,000台、多そうに見えるけど、今買わないと売り切れそう。

そんなジレンマが脳内をフルマラソンしている日々が続き、もういいや、買ってしまおうとなる未熟者です。

雨の6月25日(土曜日)に、イソイソと買いに出かけました。

売り切れていたら諦めが付く。

SDカード非対応なら諦められる。

RAM3GBが、もし2GBなら、、、いや、サブ機だから気にしない、って買う感じ?

どちらかというと、買う方向で日本橋を闊歩。

でへへへへ

買いましたー pic.twitter.com/H72lijJabW

— GoodsunLog (@GoodsunLog) June 25, 2022

買ってやんのww

はい、すみません、買いました。

親切丁寧な店員さんばかりのイオシスさん。

店内で外部メモリが使える伺ったところ、SIM2との排他利用で使えそうな感じ。

ということがわかりました。

あくまで感じです。

でも、まあ、おそらく、問題ないでしょう。

RAMに関しては、やはり2GBですとのこと。

まあ、おそらく、サブ用に使うタブレットなら、大きな問題にはならないでしょう。

ゲームとかしないし。

Googleに情報がないなら、動画を撮って投稿しようか。

誰かの参考になるかもしれないし、と思ったのが運の尽き。

久々のiPhoneでの動画撮影と、字幕入れまくりの編集に10時間も消費しました。

でもね、楽しいからいいわー。

で、動画を撮影するにあたり、当然のように動作確認をすわけで。

わかりましたよ~

「EGBOK P803」買う前にわからなかったこと4つが判明

・マイクロSDはSIM2と排他利用で可能
・顔認証が使えた。※免許の写真では無反応、眼鏡とマスク着用には非対応。
・私が購入した端末はRAMが3GBだった。※もしかしたら個体差があるのか?
・液晶に保護フィルムが貼ってあった。※別途購入する手間は省けたが反射と指紋が目立つ。

YouTube動画では、CPUのスペック・カメラのUIや解像度などもご覧いただけます。

やっと編集が終わった「EGBOK P803」の動画を貼っておきますので、仕様と動作具合が気になる方は必見でございまする。

動画内で試しました。

■動画のタイムチャート
00:27 開封・同梱品
00:49 充電器の仕様
00:58 取扱説明書
01:19 タブレットの外装
01:57 電源オン~起動まで 無編集
02:46 初期アプリの数
03:00 FMラジオアプリの対応周波数帯
03:15 反射の強い液晶保護フィルム
03:24 ストレージ容量
03:53 アプリ「CPU X」を使用して、CPU・容量・センサー類の確認
05:39 自宅Wi-Fi 2.4GhzでYouTube読み込みと再生具合
07:14 SIMカード&マイクロSDカード トレイ形状
07:42 SDカード 初回設定画面
08:02 povo2.0 128kbpsでのネット接続状況
08:51 SIM2 mineo 設定
09:38 mineo docomo パケット放題Plus スピードテスト
10:04 SIMピン不要のSIMトレイ
10:14 顔認証
11:15 カメラの解像度とUI
13:41 EGBOK P803のまとめ

手前味噌でご免なさい。

「買って正解!ググっても出ない6,980円の8インチAndroid11で顔認証付きのデュアルSIM対応の超格安!新品タブレットをイオシスさんで購入!」

https://youtu.be/iRwcbkj-oNY



実は通話が可能でした!

動画内では通話の確認ができませんでした。

でも、ツイッター上には通話ができたとの投稿もちらほらと。

再度、試してみたところ、povo2.0では発着信も不可能でしたが、mineoのdocomo音声SIMでは、問題なく発着信と通話ができました。

ただ、インカムを使って通話を行ったほうが、音の回り込みなどもなく快適に思えました。

「6980円のイオシス タブレット EGBOK P803 での通話の感想」




Googleマップでのナビの挙動も気になりますよね?

ジャイロセンサーのないタブレットで、Googleマップナビは使えるのか?

試してきました。

結論として、紙の地図を見ながら走るよりは、少し楽かもしれないけれど、それ目的で買うと、、、ちょっと違うかも。でした(;^_^

こちらも動画で

大人気!?の「DiDi food タブレット EGBOK P803」でGoogleマップナビは使える? iPhoneと並べて試してみました。



ホーム画面は横向きに対応している?

本体の回転に合わせて、ホーム画面も向きを変えてくれます。



店頭だけではなく、通販でも買えます。

中古と違って新品ですから買いやすいですね。

ただ、RAM2GBのモデルが混在しているのかどうかが気になっています。

私が購入した個体は3GBでしたが、もし2GBの端末があってもイオシスさん的には2GBモデルとしてアナウンスしているので問題とはいたしませんでした。

2GBが前提で、もし運よく3GBなら当たりと考えたほうが気が楽ですね。

私の個体で普通に使っていて、RAMの使用量は1.5GBほどでした。

2GBでも、使えるのではないかと「推測」しています。

2GBだとしても「税込み6,980円の8インチ新品Android11タブレット・EGBOK P803」はお買い得だと思いました。


 

[イオシスさん及び商品リンク/広告]


※この記事はhttps://zatsubun.page/?p=251の転載です。

少しだけ、もう少しだけネット活動に時間を取れそうなので、効率アップに中古デスクトップPCを購入しました。

2022年5月21日、大阪日本橋じゃんぱらで、中古のDELL OptiPlex 9020を買いました。

 

Core i5-4590 3.30GHzと、今となってはかなり古いですが、SSD128 / RAM8GB / Windows10 Proなので、現在の私の環境よりはかなり良くなります。

DVDドライブのみが不良でしたが、そもそも今は使いませんから気になりません。

購入価格は約17,000円ほどで、ほとんどパーツ代の価格と思えます。

液晶モニター、ウェブカメラ、スキャナー、ペンタブレットは手持ちの物を繋いで、フル装備でネット活動を再開です。

 


f:id:yukiyamakun:20220523231236j:image

 

f:id:yukiyamakun:20220523231736j:image

 

ところで、何店舗か廻った中古パソコン店では、デスクトップパソコンの在庫が激減していました。

店員さん曰く、売っても利益が少ないので、内部パーツが部品として流通しているとのことでした。

私も、ノートを買いに行ったので、デスクトップパソコンは眼中に無かったのですが、自宅でガッツリ取り組むなら、しっかり机に向かって作業したほうが集中出来るのではないかと考え直しました。

あと、同スペックならノートPCよりもデスクトップPCのほうが安くて拡張性がありますね。

腰を据えて作業する前提ならデスクトップもありだと思いました

 

あ、そうそう。

「Davinci Resolve」もインストールします。

f:id:yukiyamakun:20220523231751j:image

動画編集、頑張れるかなぁと思いながらw

 

あ、ちょっと厳しいかも(^^;;

f:id:yukiyamakun:20220523233111j:image

ちょい厳しそう。

でも、iPhoneXSを、たまたまカミさんからもらったので、使い慣れたiMovieで動画編集はできるのでドンマイなのでした。


f:id:yukiyamakun:20220523233917j:image

YouTubeの配信者側のコメント設定で「厳しい基準を適用する」という試験運用版のオプションが「不適切な可能性があるコメントを保留して確認する」に追加されましたね。

 今朝、YouTubeのコメント設定を見直していたところ「厳しい基準を適用する」というテキストが目に留まりました。



「厳しい基準を適用する」が、追加されました。

コメントをもらうのは嬉しいことですが、迷惑な内容では困りますね。

YouTubeを始めてしばらくは、というか殆どはコメントを開放していましたが、最近は閉じていました。

一応、開放していた頃にも、「不適切な可能性があるコメントを保留して確認する」のチェックは入れてありましたし、更に禁止キーワードも思いつく限りは登録していました。

今回は試験運用版とのことですが、おそらくは昨今のアカウントを閉鎖に追い込むコメントへの対策ではないかと思いました。

ひとまず、全動画に設定しました。

安心して楽しめる場所でありたいですからね。

aNdClipの代替 Android10 使えるクリップボードアプリ 無料で非常駐タイプの「コピペリスト」



今回は文章の作成に便利なクリップボードのお話です。

Androidのスマートフォンで文章をの作成や編集で役に立つ「クリップボードの拡張アプリ」です。

何度も同じような言葉をコピーペーストするには、「クリップボードの拡張アプリ」があると、効率よく文章の作成ができます。

■自宅ならWindowsで「Clibor」です。


僕がWindowsで使っているクリップボードの拡張ソフトウェアは「Clibor」です。

ご存知の方も多いでしょう。


コントロールキーの2度打ちで簡単に使えたり、すごく便利なアプリケーションです。

でも、外出先ではパソコンではなくAndroidスマホを使って作文します。

パソコン持ち歩くの重たいですから。

問題は、Androidスマートフォンで愛用していた「クリップボードの拡張アプリ」が使えなくなったことです。

■Android OSのバージョンアップで、「aNdClip クリップボード拡張」今までのクリップボードアプリが非対応になってしまったので。


Windows 版は先に挙げた「Clibor」で快適なのですが、 Androidスマートフォン では「aNdClip クリップボード拡張」を使用していました。


これ、Android使いの人には定説のアプリです。

それが、Android OS 9までの対応になってしまいました。
課金までしたのに、、、。

でも、これはAndoroidOSの問題なので仕方がありませんし、これまで使わせて頂いた作者さんには感謝しています。

 Android10で「aNdClip クリップボード拡張」の自動保存ができなくなってしまいましたので、使い勝手が悪くなった印象を持ちました。
また、意図的に保存させようと思っても、共有という手段を取らないと難しくて作業効率が下がってしまうために使わなくなりました。

「aNdClip クリップボード拡張」を使うために、わざとAndroid9のスマホを買ってみたけれど。

そこで Android のバージョンを落として、Cliborを使えるようにAndroid7.0の古いスマートフォンを買いました。

もう、やってることが滅茶苦茶です。

メルカリで送料込み5,000円で購入したのは Xperia XZ1 の au 版です。

最近はメルカリで中古品をスマホを買う機会が多いです。
中古店舗に行く手間も省けますし、中古品で使用感を確かめる→快適なら使い続けて→ダメなら出品する、のルーティンが出来上がっています。

新品で購入して自分に合わなかったときの、金銭的ダメージの回避にもなっています。

メルカリ、新規登録なら招待コード「rmu259」を使って500ポイントをゲットしてください。
僕にも500ポイント入るので、お互いにハッピーですね!


やはり5年落ちのスマホでは動作が緩慢で。

aNdClip クリップボード拡張は使えたけれど、動作が緩慢です。

でもやはりXperia XZ1は、5年ぐらい前のスマートフォンなので動きが緩慢なんですよね。

昨年モデルだと思いますが楽天から出ていた AQUOS Sense 3 Lite SH-RM12の方がサクサク動きます。

そうです、 実はAQUOS sense の Android のバージョンが10なので困ったのでした。

クリップボード拡張アプリさえ何とかなれば、再びメインスマートフォンとして活用できます。

見つけました、このアプリです。

少なくとも僕の用途では間に合います。


前出の「aNdClip クリップボード拡張」とは違い、常駐タイプのアプリケーションではありません。

Androidスマートフォンのクリップボードに保存されたテキストを意図的に流し込むことによって、アプリケーション上でテキストを保存してくれるものです。
したがって、コピーしたいテキストを保存するという行程は必要になりますが、それもウィジェットや通知リストから行えるので、必要なテキストだけ保存するという意味では使いやすいと思います。

もちろん、ペーストの際にはアプリケーションで希望のテキストを選択して貼り付けることができます。

aNdClip クリップボード拡張と大きく違うのは、残したいコピーテキストだけを保存して活用することができるということ。
常駐ではないので、この辺りの好みは分かれると思いますが、僕はシンプルで好きです。

先に挙げたリンクからインストールできますが、最初は無料版です。

有料版との違いは広告の掲載がアプリの上部にあるかないかだけだと思われます。
広告解除の料金が多少かかるので、僕はとりあえず無料版で使うことにしました。

Androidアプリの課金にはGoogleアンケートモニターを使う手も


アプリへの課金が数百円程度なら、 Googleアンケートモニターでもらったポイントで支払うことも可能です。

登録すればアンケートが届きます。

最大100円分のポイントと宣伝にはありますが、そこまではなくても1件で15円から40円くらいのポイントがもらえます。
一般的なポイントサイトに比べると単価は高いと思えます。

もらえるポイントは Google Play クレジットなので、Google のアプリケーションの支払いなどに使えます。


いつの間にかアンケートアプリの話になってしまいました、戻しましょう。

コピペリストを使えば外出先での文章作成に大活躍します。

わざわざユーザー登録するような手間もありませんし、そもそも2、3回しか使わないような単語を登録したくありません。

手間を省き効率を上げる、

コピペリストを導入したことにより、外出先でアンドロイドスマートフォンでの文章作成の効率化を図ることができました。

Google keepの画像文字列検索の凄さ

 昨日仕事中に試したことがある。


商品情報をスマホに取り込んで、テキスト検索できないかということ。

キーワードを使って、入荷した商品の概要がわかれば少し仕事に使えるかなと思ったのだ。

画像のテキスト検索と言えば、古くはEvernoteの独壇場だった気がするが、有料プランが必要で、僕の環境下では動作も遅くて使う気にならなかった。

Googleフォトでも割とテキストを拾ってくれるという認識はあったが、それも曖昧な部分があるので今回は除外した。

そこで、同じGoogleのサービスだが、Googleキープを試してみた。

 

すると、ほぼ正確に、いや完璧と言っていいほど検索できる。

条件はある。

きれいに写真が撮れていること。

そしてネットにつながっていること。

Googleキープで保存した画像はGoogleのクラウドと連携していなければテキスト検索ができない。

条件さえ揃っていれば、かなり完璧に検索できる事に驚いた。

ここには仕事上のこともあり、画像は載せないけれど、パソコンの外箱に印字されたテキストを、しっかり検索したのだ。

使うシーンはかなり絞られるけど、覚えておいて損はない使い方だ。