EASY!(GoodsunTV / YUKI-YAMA)

物事はシンプルに、簡単に考えよう。そんな感じのブログかもしれない。

[広告]

偽善者の僕から見た ネットの虐め問題

違和感は削除

ネットの世界で、人を追いつめるのはゲーム感覚なのか?
嫌がるような書き込みをしたり、根も葉もない噂話を流したり。
アイツをネットから追い出せ!懲らしめてやれ!ってね。

 

ゲームではない、みんなが不快な思いをしない様に懲らしめるんだ。
違和感があるよねアイツ。
なんか気持ち悪くないか。

みんなもそう思うだろ?

よし、俺が口火を切ってやる。
きっと誰かが追従するだろう。
架空アカウントだから身元はばれないしね。
ネットの掃除屋みたいなもんだ。

 

自分が正義だ!

自分の気に入らない文言を"ほざく"奴ら。

そういうのを放っておけないんだよ。
ネット上に存在することが目障りなんだよね。

イヤなら見なきゃいいのに。

その通りだよ。
忘れたら良いのさ。
自分が被害を被るわけでも、第三者が傷つくわけでもないのだから。

 

僕は偽善者だから

自分が人生の主役であるように、他人それぞれも人生のステージに立っている。

 

生き方はそれぞれ違うと理解できる歳にはなっているし、個人への"攻撃"が無意味で虚しい事だと思っている。

 

だって、自分が同じ事をされたら”放っておいてくれ”って思うもん。


もちろん助言は受け入れるよ。

でもね、寄ってたかって追い込めるのは、僕の中では少なくとも”善”ではない。
みんなで”潰そう”は、”善”ではないのだ。

 

僕は偽善者だから、皆に好かれようと”演技”をする。
たぶん意識はそう動いている。

 

自分に必要な内容であったり、気に入った人の動画やブログしか読まない。
そして、相性の合わない情報(不快感を感じるもの)はスルーしている。
自分の人生に不要な物はあるのだ。

 

だからといって、攻撃はしない。
それすら時間の無駄だから。
そんな事をするほど暇ではないのだ。

 

好かれようとする心理があるので、役に立ちそうな記事や動画を作りたい。
時間はそうやって使うものだと考えている。
自分自身のリフレッシュにも使いたい。

 

他人を攻撃する事は、戦争を始めることと同じだ。
作戦を練り、勝利を目指して裏工作をする。

少なくとも僕にはあり得ない。無駄な生き方だ。


意見を言うことはあるだろう。
しかし、そのときは正々堂々、自分のステージから発信するさ。

 

もし、僕が同様の攻撃を受けた場合はどうだろうか。
反撃するのか?
それとも、しないのか?

 

答えは決まっている。
反撃はしない。

 

なぜなら、温かく見守ってくれる人がいると信じているから。
必ずコメントで応戦してくれる人がいるから。
そういう人を巻き込みたくないから反撃はしない。

反撃をすると、いつも応援してくれる人を巻き込んでしまう。
それは、実に悲しいこと。

 

僕の生き方に、応戦の選択はない。
何のメリットもないから。

 

人それぞれ思うことは違うから、それを直接ぶつけ合えばよいのだ。
周りを巻き込むこと無かれ。
姑息な手段を使うこと無かれ。
正々堂々と向き合えばよいのだ。

人は時には”善”であったり”悪”であったりするだろう。
でも”卑怯”は、そのどちらでもないような気がする。

僕は死ぬまで”善”を演じきれるようにがんばる事にしている。

[広告]