EASY!(GoodsunTVブログ)

物事はシンプルに、簡単に考えよう。そんな感じのブログかもしれない。

トークイベント「なにかと話題のvaluってのをおじさん2人が1ヶ月やってみた報告」参加してきました。

VALUER(※VALUのアカウントを持っている人としておきます)さんのトークイベント「なにかと話題のvaluってのを おじさん2人が1ヶ月やってみた報告」というイベントにお邪魔しました。

実践されているおじさまは、このお二人!

登壇者 イナダアキラ氏

valu.is

登壇者 ヒライユウゾウ氏

valu.is

そしてオブザーバーとして

川辺友之氏

valu.is


サラリーマンのお二人が、実体験を交えて語ってくださいました。

参加者は15名ほどだったでしょうか、初心者の方も未経験の方もいらっしゃった様です。


その中で、本当の意味でのSNSだというお話がありました。
なるほどと思ったのは、イイネを押すだけの応援ではなく、資金を応援するという具体性。
それは、必要としている人と応援したい人をつなぐ、真剣なSNSなのだと。

その夢イイネ!と思ったら、VA(バリュー)を購入して支援する。
具体的な支援なのです。

だから、受け取ったVALUERも真剣に活動しなければなりません。
ここは信頼関係の問題ですから。

どうしても個人に投資をして稼ぐ、儲かるらしいぞというスタンスでアカウントを作る方もいるようですが、根本的に違いますね。

基本的には、個人のクラウドファウンディングです。
下部の取引に似た部分もありますが、それはオマケのようなもの。


ビットコインでのやりとりなので、日本円と交換レートの変動で損益が発生することがある。

VALUERさんが活動的でなければ、売買自体が成り立たない。
つまり、売りに出しても人気の無いVALUERさんだと買いたい人がいない。売りたくても売れない状態が発生するとのこと。
なるほどね、と思いました。
これは、実際に経験した人しか分かりませんね。


なにかと話題のVALU
人によって合う合わないがありますね。

自分の夢を語れる人、その夢に向かって活動している人。
その夢が人を幸せにできる可能性があるなら、VALUは積極的に参加しても良いなと思いました。

そして、夢を叶える資金を得る場だけではなく、誰かを応援する場でもあるのです。

応援にはいろんな形があります。
勇気づける言葉を投げかけるのも応援なら、目に見える形の支援も応援です。

一人一人にできることは皆さん違いますから、その一つの手段としての活用もおもしろいです。

私は新人の俳優さんとか応援したいですね。
応援した人がテレビドラマや映画に出るようになったら、それだけでうれしいなと思う自分が想像できますから。

私は現在、valuの発行はしていません。
まず、発行の承認を得ていないという理由もあるのですが、まだ皆さんにお届けする夢が無いのです。
なにかやりたい夢が浮かんで、喜んでくれる人が居そうなら、支援を募るかもしれません。

なので、私はいろんな方との出会いの場として使っている状況です。

valu.is


VALUは、いわゆるクラウドファウンディングですね。
そして夢が叶ったらお返しをする。

応援して欲しい人と、応援したい人。
お互いの思いが叶う場所。
それが日本発祥のSNS「VALU」だと思いました。

どんなに良いサービスだとしても、使う人によっては悪いイメージになります。
使い方次第なのです。

私はこのサービスを積極的にはお勧めしませんが、必要な方にとっては今まで無かった画期的なSNSだと思います。

valu.is

 

関連動画

youtu.be